BLOG

ブログ・挙式レポート

カテゴリー: よくある質問

 

神戸神社婚をご検討いただいている新郎新婦様

および 神戸神社婚をご利用戴いた

新郎新婦様からの よくあるご質問をもとに、

「神社婚」に 関する疑問に

ブログ上でもお答えしていきたいと思います☆

 

 

 

それでは本日解決する【よくある質問】!!

 

 

 

【質問】

「和婚と言えば、かつらのイメージがあります。

でも、かつらではなく“洋髪のヘアセット”が したいです。洋髪も可能でしょうか?」

 

 

 

 

【お答えしましょう】!!

「はい、洋髪のヘアメイクは可能です☆☆

洋髪で挙式にのぞまれる新婦様も

たくさんいらっしゃいます

 

また、洋髪でも 綿帽子のご着用が 可能です☆

 

ヘアスタイルのご希望イメージがございましたら

参考の画像 及び切り抜きをご持参下さい◎

なりたいイメージを美容スタッフと相談しながら

ヘアスタイルを作り上げていきましょう♪

 

ご希望のかたには、ヘアメイクリハーサルの

オプション(有料)もございます◎

 

ご参考になりますように 」

 

 

201804_osakajinja_0067

 

201804_osakajinja_0120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸神社婚をご検討戴いている新郎新婦様 および

 

神戸神社婚をご利用戴いた新郎新婦様からの

 

「よくあるご質問」をもとに、神社婚に関する疑問に

 

このブログ上でもお答えしていきたいと思います☆

 

ご検討にお役立て頂けたらと思います☆☆

 

 

 

それでは本日解決する【よくある質問】!!

 

 

【質問】

挙式中の写真は撮ってもらえますか?」 

 

 

 

 

【お答えしましょう】!!

 

「はい、撮影致します☆☆

 

 ただし、神社様によっては、挙式中の撮影が不可とされている場合がございます。

(挙式神社様へのご予約時に 撮影可否をお確かめいただくことを おすすめ致します)

 

撮影が可能な神社様では、撮影をさせていただいております(プラン内です☆)

 

もし撮影が不可の神社様であっても、ご昇殿される直前まで できる限りの撮影を 致します☆

 

神戸神社婚プラン ひとつで、お衣装(新婦様新郎様1点ずつ)から

 

ヘアメイク着付・アテンド移動車当日の各種写真撮影、さらには

 

撮影全データに 豪華40P 写真集まで付いていて、挙式を十分に実現して

 

いただけます☆☆

 (※挙式神社やご会食会場のご予約はお客様ご自身にお願いしております)

 

 

ご参考になりますように♪ 」

 

 

 

 

神戸神社婚に 必要不可欠な「和装」☆

 

これをお召しになる上で  必ずと言っても良いほど、その色や柄に注目して

 

当日のお衣装を選ばれる事と思います☆

 

着物の文様には、全て「何らかの意味が込められている」ので、その意味を

 

ご存知ですと、よりお衣装選びも楽しくなります♪♪^^

 

そこで今日は、文様をひとつ ご紹介致します☆

 

文様の中でも、とりわけ”おめでたい”文様に「吉祥文様」と呼ばれるものが

 

あります☆

 

 

今日はその中でも「松・竹・梅」についてです☆☆

 

2019-05-13 18.13.03のコピー

(神戸店衣装・萩薫

写真 右下/お袖中央に松、笹の葉、お袖上部に梅が 見られます )

 

 

 

この3つの文様は、何となくご想像がつくという方も多いと 思います☆

 

この文様に込められているのは

 

"極寒でも緑を絶やさないように” =「松」

寒さにも負けず青々とまっすぐ伸びるように” =「竹」

冬の寒さからいち早く花を咲かせるように” =「梅」 

 

という 意味です☆☆

 

 

これら3つは「三寒三友」と言われ、古来中国から尊ばれているもので、

 

“逆境にあっても節操守る例え”とされてきました☆

 

 

日本でも慶事の象徴とされていて、これからご夫婦として歩まれる

 

新郎新婦様へのこうした願いが込められているのですね☆

 

 

文様には、縁起の悪いものは存在しません☆

 

様々なものを具象化して意味を見出し、人々はそれを文様として お着物にその想いを込めました*

 

その文様と秘められた想いには日本人の感性・美意識、また時に、日本語ならではの”言葉の

 

遊び”が存在しています☆☆

 

和装には、魅力がいっぱい詰まっています^^♡

 

ぜひ実際に羽織ってみてください☆

 

そして

 

文様にこめられたその意味を 感じてみてくださいね!

 

 

 

====================================

春の挙式 は 神社婚プランが サポート致します☆

 

プラン1つで 十分神社婚を実現していただけるパッケージプランです◎

 

お衣装はどの種類を選んでも 追加料金がありません☆

 

お衣装1着ずつ・着付/ヘアメイク・移動車・アテンド・当日の写真撮影各種・

 

全データのお渡し・写真集が 1つのパッケージになっており、当日必要なものが

 

プラン料金198,000 Yen(+tax)のみで ご提供致します☆

 

明瞭な料金も 喜ばれています◎

 

お問い合わせも随時受け付けております!

 

お気軽にご連絡くださいませ

http://kobejinjakon.jp/contact/

 

====================================

 

 

 

先日、神戸神社婚 スタッフページを リニューアル更新しました♪

 

私たちのアットホームな スタッフたちを もっと身近に感じていただけるページに

 

なりました♪♪

 

http://www.kobejinjakon.jp/staff/

 

 

スクリーンショット 2019-09-13 16.28.48

 

 

 

普段は おちゃめなスタッフたちも 挙式当日・撮影ともなれば 一転、

 

キリリ・テキパキと お二人を サポート致しますので  安心してお任せください◎

 

 

神戸神社婚は、お二人に 寄り添い、スタッフ一同 当日まで 厚くサポートします◎

 

各フォトグラファーや ヘアメイクスタッフチームの インスタグラムも リンクしていますので

 

それぞれの日々の仕事ぶりも チェックいただけたらと思います◎

 

人生に一度の晴れの日のことは、お写真や ヘアメイクの実力を しっかりと確かめたうえで

 

お任せしたいですよね◎

 

各SNSも しっかり更新し続けておりますので ご参考にしてみてください☆

 

 

 

大切な1日のことだからこそ、お二人と私たちの距離をぐっと縮めて 一丸となって

 

作り上げる あたたかな挙式に したいです◎

 

そんな想いが 詰まった、お二人と私たちを はじめて繋いでくれる役割となる”架け橋”のページ☆

 

ぜひ覗いてみてください♪♪

 

私たちを 少しでも身近に感じていただければ、嬉しいです*

 

 

http://www.kobejinjakon.jp/staff/

 

 

 

 

神戸神社婚に よくいただくお声として

 

「挙式まで来店できないのですが 大丈夫でしょうか?」

 

というご不安の声☆☆

 

201808_ame_0068

 

私たちからの答えは シンプル☆

 

はい、大丈夫です☆」ということです^^

 

 

挙式神社さんさえお決めいただき 日時をご予約していただいたら

 

挙式に必要な物事は 私たち神戸神社婚に お任せいただければ

 

挙式は 十分叶います☆☆

 

 

 

お子さまがいらっしゃる方、妊娠中の方、現在海外に住まわれている方にも

 

安心して準備をすすめてていただけるように、メールを 主にお打ち合わせを

 

進めてまいります☆(もちろんご来店も可能◎)

 

お住まいにより時差が発生する場合もありますので、メールでのご連絡なら 安心ですね^^

 

PCやスマホ、タブレットがあれば簡単に ご準備を進められます☆

 

身近に感じていただけるプランナーですので、ご不安な点も 事前にすっきり解消して

 

当日を迎えていただけます♪♪

 

 

挙式神社さえお決まりであれば、(挙式神社へのご予約は お客様ご自身にお願いしており

 

ます)最短2週間ほどから、挙式2.3か月前のご準備の方もいらっしゃいますし

 

1年ほど前よりゆっくりご準備される方など スタイルは それぞれです☆☆

 

 

挙式に際する お衣装・着付ヘアメイクはもちろんのこと、神社への移動車やスタッフのアテンド、

 

各種お写真の撮影まで網羅し、お写真の全データ・写真集までもお渡しするプランであること、

 

そして当日まで しっかり手厚くサポート致しますので プランひとつ198,000円(税別)で

 

挙式を実現していただけます^^

※もちろん、さらに充実していただける有料オプションも ご希望の方には ご用意しております。

しかしながら、基本的にはプランひとつで十分挙式は実現可能です^^

 

 

 

挙式までご来店が 難しい方も ぜひ和婚・神社婚で 理想の式を 「神戸神社婚」で 叶えてくださいね^^♡

 

ご質問やご不明点もお気軽にどうぞ☆☆

 

資料請求も お気軽に^^

http://kobejinjakon.jp/contact/

0120-799-957(10:00-19:00)

 

 

 

 

 

春の挙式ご準備を はじめられている プレ花嫁のみなさま☆☆

 

201810_kobejinja_0290

 

挙式神社やお日取り、そろそろ決まっていらっしゃいましたか☆

 

”これから”という方も まだまだ大丈夫です☆☆

神社挙式は、3週間ほどでご準備される方もいらっしゃいますし、ご準備期間はそれぞれです。

挙式神社さえご予約出来ていらっしゃるようであれば、神戸神社婚などのプランをうまく利用すると

不可能ではありません◎

とはいえ、

その多くは2ヶ月以上の期間をもってご準備されていらっしゃるようにも 思います☆

 

来春、そして3月、4月5月の頃もとても人気の季節です☆

ご予約が集中する頃でもありますので、今からご準備を始められると確実に進められて安心です◎

 

神戸神社婚は、神社さんへの挙式ご予約さえ 新郎新婦様ご自身にお願い致しましたら

あとはこのプランで必要なものがすべて補えるという内容になっておりますので、ご負担も少なく

当日を迎えていただけるのもポイントです♪♪

 

神戸神社婚では 、198,000円(税別)で神社挙式に必要なお衣装・着付から撮影・移動車に渡り

“全てセット”になったプランを ご用意しております◎

 

◎お衣装はランクアップ料金はかかりません!

◎着付・ヘアメイク(新郎様セットも含む)、アテンドももちろんプランに含みます!

◎写真撮影は豊富な枚数を撮影時間、そして経験豊かなフォトグラファーが撮影します!

フォトスタジオだからこそのクォリティをご期待ください☆

◎サロンから神社への移動費も含みます!

◎20Pの高品質アルバムもプランに含まれます!

撮影の全データをお渡しします!(追加料金発生しません!)

必要なもの、欲しいものが網羅されたプランです☆☆

 

プラン料金で 十分に挙式可能です☆

(※プラン料金198,000円(税別)の他、

挙式神社様への初穂料(挙式費用、神様に納めるお金)が必要です)

 

必要に応じて、有料のオプションもご用意しています☆

 

オプションはどれも明朗な料金で、その場合のみ、プラン料金に追加費用(オプション代金)が

かかります☆

 

神戸神社婚は、アットホームなスタッフばかりですので、挙式の日まで一緒に寄り添い、

時にご相談など、なんでもお聞きしコミュニケーションを取りながら過ごします*

そうしてお二人の様子を見てきたスタッフは、当日やはりお二人のお顔を見ると嬉しさが心から

こみ上げてきて、胸が熱くなりながらも精一杯さらなるサポートをする日々です☆☆

 

人生の特別な日を 神戸神社婚がサポート致します☆☆

 

随時見学・相談会を行っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ☆

 

 

 

 

 

201808_ame_5D3_5020

 

神社での挙式の際に、ほとんどの方がお召しになる「白無垢」☆☆

 

日本の誰もが知る、最も古く、格式高い婚礼衣装に位置するお着物です☆

 

 

白無垢とは、白い振袖(掛け下)の上に羽織る打掛も白で小物類も白で統一された、全身白の装いのことを

 

言います☆

 

女性なら ウェディングドレスに憧れる方も多いはずですが、やはり日本に住まう私たちだからこそ、

 

「白無垢も着てみたい」

 

そう感じていらっしゃる方も 多いのではないでしょうか^^

 

 

 

白無垢は、ドレスのような種類が豊富にないと思われがちですが 実はそうではありません!

 

同じ白無垢でも沢山のバリエーションがあるのです^^

 

 

白無垢にも、色が純白(白染め)から生成(きなり)のものがあり、柄にも種類があります☆

 

その絵柄の多くには、松竹梅や鶴などのおめでたい柄が入っていて裏地や袖、裾の部分(ふき)が

 

赤いものや白いものもあります☆

 

 

お衣装選びに迷ったら、まずは大小様々にある柄の好みでお選び頂いて、その後ご来店の際に、

 

白色の中でも お肌の色に合う「白」を見つけてみて下さい^^♪

 

 

シンプルな白無垢だからこそ、繊細な刺繍や色味にもこだわってお気に入りのものを

 

見つけたいですね^^

 

 

 

 

 

神前挙式の儀式一つひとつをクローズアップしていく記事も 第4回目となりました☆☆

これまでの記事も併せてご覧頂いて、“当日のイメージ”をより具体的にシュミレーションしてみて下さいね^^

 

前回の最後にご紹介した8.玉串奉奠のあとに続きますのは、

9.神楽奏上(かぐらそうじょう)です☆

 

201612_okayamajinja_0379

2017_jinja_0162

 

神楽奏上は、雅楽の演奏に合わせ巫女様が舞いを奉納することです☆

実は、これは本来人に見せるための舞ではなく、「神楽」と呼ばれる神様に奉げるものとされています☆

ですが、貴重な舞を目の前で、列席の皆様と楽しむことのできるひと時です♪

お招きした列席の皆様に喜ばれそうですね♡^^

 

その後、 10.親族固めの盃(しんぞくがためのさかずき)へと移ります☆

 

201612_okayamajinja_0688

 

盃に御神酒が注がれ、ご両家のご親族全員で一気に飲み干します☆

この事で、ご両家が「親族として固まった」事が意味されます^^

お二人がご結婚なさる事で、そのご家族の皆様が「親族」となっていく、“人と人とのつながり”の始まりの

儀式です☆^^

目に見えないもの=つながりを慈しみ、それをこうして形として表すところがなんとも”日本らしい”と言いますか、

尊ささえ覚えます☆

神前式では、随所に「和の心」を感じることができるのが魅力ですね!^^

和婚が今、再注目されている訳はここにあるのかもしれません☆

 

挙式の最後には

11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)があり、式を司ったご神職様から、“無事にこの婚礼(儀式)を終えた”という

ご報告とお二人へのお祝いの言葉が贈られます^^☆

こうして、式が結ばれます☆☆

 

4回に渡ってお送りしましたが、以上が神前式の概要です☆

 

いかがでしたか?^^

 

ひとつひとつの儀式の運びやその意味合いを知っていると、より一層ひとつひとつ感慨深く心に刻まれるのではないか

と思います☆

こうしてあらためて学んでみると、神前式という日本の伝統的な婚礼は、お二人の絆がさらに深まる挙式だと

感じます♡

そんな神前式を、ぜひ神戸神社婚で叶えて下さい♡^^

 

201611_okayamajinjakon_197

 

 

 

旬の”和婚”にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆☆

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ^^

 

神前挙式(儀式)を学ぶ☆①」、「神前挙式(儀式)を学ぶ☆②」も併せてご覧ください^^

 

前回からつづきまして、5.三献の儀に続くのは

6.誓詞奏上(せいしそうじょう)です☆

 

201611_okayamajinja_0572

 

新郎新婦様が御神前に進み、誓いの言葉を読み上げます☆

お二人ご一緒に読み上げたり、新郎様が読み上げたのち、最後に新婦様がお名前だけを読み上げたりと

神社さんによってその読み上げ方は異なります☆

 

次は、7.指輪交換の儀です☆

 

201611_okayamajinja_0556

 

神前挙式でも、指輪の交換ができますよ〜^^

三方に指輪を載せて持って来て下さり、まず新郎様が新婦様の左手薬指に指輪を、次に同様にして新婦様が

新郎様へと贈ります♪

 

その後8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)へと移ります☆

 

201611_okayamajinja_0647

 

新郎新婦様が御神前に進み、「これからお二人をお守りください」という祈願を込めて、

神様に玉串を捧げます☆

 

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、神道には欠かせないものです☆

この玉串は、『たましい(魂)のくし』に由来しています☆

 

“真心を込めてお祈りをした後、そのお願いを確実なものとする為に、玉串に自分の心(魂)をのせて

神様に捧げる”と いうのがこの儀式です^^

 

玉串をお供えした後は、二礼拍手一礼をします☆

続いて媒酌人様、ご両家ご代表様と続いて奉奠します☆

もちろん玉串奉奠のお作法も、事前に丁寧に教えて頂けますのでどうぞご安心下さい^^

 

 

本日ご覧頂いた内容の流れとしましては、「先の誓詞奏上で決意を表明し、この玉串奉奠で神様に

お願いする」という事なんですね^^

 

 

儀式のひとつひとつにも意味が込められていて、日本の結婚式は とても尊いものですね☆^^

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

神前式の儀式を1つひとつ、前回から引き続きご紹介していきます☆

 

 

3.修祓の儀のあとは

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)に移ります☆

 

jinjakon_0533

 

斎主様がお二人のご結婚を報告し、ご加護をお願いする「祝詞(のりと)」を奉ります☆

祝詞とは、神前に奏上する詞(ことば)の事です^^

神様と人とを取り持つ役目として、お二人の気持ちや願いを神様に伝えて下さいます☆

「結婚」は「家」と「家」とを結び付けるのが結婚であるという考え方に基づき、ご神職と巫女さまが

ご両家の縁をここで結んでくださるのです☆☆

 

その次には、5.三献の儀(さんこんのぎ)があります☆

 

201611_jinjakon_0281

 

御神前にお供えをしたお神酒が、巫女様から新郎新婦様へ、まず小盃に注がれ飲み干します☆

小盃で新郎様から新婦様、中盃は新婦様から新郎様、大盃では新郎様から新婦様へと、交互に各3回ずつ

計9杯を飲みます☆

盃にはそれぞれ、小盃:『ご先祖様への感謝』、中盃:『お二人の誓い』、大盃:『子孫繁栄の願い』という

意味合いがあります^^

飲む順番など、すべて式の前に丁寧に教えて頂けます☆ ご安心下さいね♡^^

御神酒とは、「神様のお力が加わったお酒」です☆

この御神酒を飲む事は“神様のお力をいただく事”になり、お二人でそれを飲む事で「絆が深まる」とされていて

ご夫婦の契りを交わす儀式が、この「三献の儀」となります^^

 

事前に少し式の流れを知っていると当日も緊張せずいられそうですね^^♡

 

(つづく)

 

 

News

2020.11.01

12/28〜1/3は冬季休業期間とさせていただきます。

2020.04.07